前へ
次へ

お葬式を取り仕切る業者さんはこう選ぼう

身内が亡くなった場合、基本的にはなじみの葬儀屋さんに頼んでお葬式の段取りを組んでもらうことが一般的です。
故人が農協などに属していた場合は、そこの葬儀部門に話が行くこともあるでしょう。
それらがない場合、自分で葬儀業者さんを選ぶことになりますが、最近はネットでどの地域にどんな葬儀屋さんがいるか調べることもできます。
地域ごとに担当する業者さんは違っており、それぞれのサービス内容も違いますが、してくれることはだいたい同じです。
通夜や告別式の段取りは故人が息を引き取ってからすぐ行われます。
まず自宅に遺体が戻り、そこでお清めが行われます。
仏式の場合は戒名もすでに刻まれており、たいてい翌日に葬儀が執り行われるわけです。
セレモニーホールに遺体が送られてから、盛大に葬儀が行われ、火葬場で遺体は骨になります。
どの業者さんのサービスを見てもある程度きちんとしてくれるところが多いので、口コミなどを見て自分たちに合うと感じたところを選ぶと良いでしょう。

Page Top