前へ
次へ

お葬式に着ていく服装は喪服なわけですが

今ではお葬式に女性が着ていく喪服というのは和装のものではなく洋装喪服を着用するのが一般的になっています。
和装が悪いのかというわけではないのですがとにかく動きにくいという部分が大きいです。
また弔問や会葬をする立場ということになりますと場面によっては、略式の喪服にするということもありますアクセサリー自体は正式な喪服に準ずるものを身につけて行って大丈夫です。
洋装喪服の方が何かと動きやすいということは間違いありませんし、値段的にも安いということがあります。
そしてなにより着るのが楽です。
和装というのはそれなりに着るのに対して専門的な知識が必要になったりすることになりますので喪服としても見栄えは非常にするのですが、どうしても着にくいということがあります。
それはさすがに厳しいことになります。
もちろん、絶対にダメというわけではありませんし、慣れている人であれば問題はないでしょう。
そのあたりは個人差がそれなりにあります。

Page Top