前へ
次へ

葬式の内容を理解するには勉強が必要

親しい友人や親族、親が亡くなった場合など、お葬式に出る機会は大人になるとかなり増えてきます。
会社の同僚が亡くなった場合や、社長や会長が亡くなった場合と身内が亡くなった場合では微妙に自分の立ち位置が変わるので注意が必要です。
お葬式には一つ一つの動作、言葉などに深い意味がありますが、葬式及びこれら言葉の内容を理解するにはかなりの勉強を要するでしょう。
仏教用語もたくさん出てきますし、地域によってはその地域独特の習慣に基づいて葬儀がなされる場合が多いです。
参列するだけの場合はお悔やみの言葉や香典の入れ方などに気を付ければ十分ですが、遺族として参加する場合には参列者に対して失礼のないように努める必要があります。
今は厳格に式を行わないとダメという雰囲気はありませんが、最低限のマナーを守るほうが好ましいです。
お葬式には年配者もきますし、いろいろな層の人間が参列するため、自分がその中で悪い意味で目立つことをしないほうが良いでしょう。

Page Top