前へ
次へ

お葬式について知っておくと助かること

NGワードが特に多いのがお葬式であり、何かと気を使うことが多いです。
忌み言葉とは重ね重ねなど続くことを示す言葉であり、これは不幸が続くため縁起が悪いとされています。
また、死や事故、生きるなど直接的な言葉は避けられる傾向にあり、葬儀の場でも他の言葉に言い換えられていることが多いです。
一般に葬儀の席では参列者は言葉を交わすことは少ないため、さほど注意することもないですが、何人もの人とお話をする場合ぽろっと出てしまわないように気を付けましょう。
遺族控室では葬儀の部屋よりも砕けた雰囲気になることも多いため、特に注意が必要です。
また、子供を連れて式に参列する場合、静かに葬儀が行われているところで子供が騒いだら、速やかに子供を連れて退出しましょう。
一歳から三歳くらいまでの幼児は葬儀の厳粛さを理解しておらず、泣いてしまうこともしばしばあります。
子供を連れ出すことはマナー違反にはなりませんので、速やかに出ることです。

Page Top